輸入住宅 ドライウォール工法の優れた性能について茨城のLIV設計室がご説明致します。



2. 優れた性能


ボードとボードのつなぎ目・出隅・入隅部 全てに処理を行うことで、壁・天井が一体構造となり隙間がなくなります。
それらの処理のおかげで、室内の「気密」や「遮音」に効果を発揮します。
冷暖房の効率を上げ、ランニングコストの削減につながります。
仕上げに水性ペイントや珪藻土などを使用することで、壁・天井に「調湿効果」が得られ、健康的な室内環境をつくり出します。
室内で火災発生の非常時に、火が隙間から壁内へ入り込むのに時間がかかるため、他室への延焼を遅らせます。その間に安全に避難する時間を確保します。又、ビニールクロスと違い燃焼した際に有害なガスを発生しません。
処理されたつなぎ目部分などは、処理されていない部分よりも強度が非常に高くなります。地震などに対して抜群の抵抗力を持ち、優れた「耐震性」を発揮します。









DSC03817.JPG

DSC03670.JPG

DSC01267.JPG