輸入住宅 ドライウォールのメンテナンス性について茨城のLIV設計室がご説明致します。



7. ドライウォールは割れない?


最近では、「ドライウォールはひび割れない」といった説明を目にし耳にするようになりましたが、正確には「ひび割れにくい」が正しい表現ではないかと思います。ですので、全くひび割れが起きないとは言い切れません。
木材(構造材)の乾燥収縮や集中的に荷重がかかる場所など、時として微細なひび割れが生じる場合があります。
しかしながら、ここで言うひび割れとはヘアークラック(髪の毛程度の細い亀裂)と呼ばれる微細なもので、明らかに簡単な補修のみで済むものです。
このような微細なものは、一度補修することで同じ箇所でのひび割れが誘発することはありません。
適切な材料を使い、適切な施工方法がとられていれば、決して問題となるようなひび割れにはならないと言えます。










k040424-1.JPG

DSCN1153.JPG

DSCN1165.JPG